« 2009年10月 | メイン | 2009年12月 »

2009年11月23日

LuxGallery

Luxologyから、iPhoneユーザーに嬉しいプレゼントがありました。LuxGalleryは、Luxology.comのギャラリーにアクセスして登録されている画像を閲覧するiPhoneアプリケーションです。カテゴリー別の表示、おすすめ、検索、新着などの機能を装備しています。インターフェイスは日本語にローカライズされています。このLuxGalleryは、modoのシニアプログラマーの一人のArnie Cachelin氏が開発したアプリケーションです。

iPhone_hand_thumb.jpg

LuxGallery iTune AppStoreへの直接リンク
LuxGallery iPhone app free for community Luxology.comのオープンフォーラム

投稿者 mars : 10:04 | コメント (0)

2009年11月21日

Friday Update (11-20-2009) modo for product and automotive designers

今週のFriday Updateでは、またまた新しいmodo関連製品と新しいチュートリアルビデオを紹介しています。

Product Design and Automotive Visualization Presets Packという製品が本日リリースされました。これは、工業製品や自動車などのCG制作を目的としたマテリアル、メッシュ、などのプリセットとそれを使いこなすためのチュートリアルビデオからなる商品です。先に発売されたスプラッシュキットと同じ形式の特定目的の為に特化したプリセットの商品です。制作はmodoコミュニティにいつも素晴らしいマテリアルプリセットやチュートリアルビデオを提供してくれているYazan Malkosh氏です。今週のmodocastでは、Yazan氏をゲストに招いて、Bradがインタビューをしています。

Product Design and Automotive Visualization Presets Packは、有償の商品(発売記念価格で$99)ですが、仕事で工業製品や自動車のレンダリングを多く行っているデザイナーの方は直ぐに元が取れてしまうかもしれません。下記のビデオでは、車のマテリアル設定をこのプリセットを使って、たった二分で仕上げてしまう過程をデモしています。

また、Luxology TVには、Andy Brown氏によるリグを使ったコインのアニメーションとレンダリングのチュートリアルがアップされています。

投稿者 mars : 15:41 | コメント (0)

2009年11月18日

modoユーザーグループOSAKA

来る12月12日(土)「modoユーザーグループOSAKA」の発足に合わせまして、
AppleStore心斎橋にてイベントが開催されます。

3DCGクリエイター 日比隆志氏によるmodoのデモンストーレーションや
3DCG & Macintoshなどのお話もあるようです。さらにイベント後は
懇親会も予定されています。
お近くにお住まいの皆様、是非足をお運びになられてはいかがでしょう。

詳細につきましては、以下のWEBページをご参照ください。

HIBI_Blog: modoユーザーグループOSAKA
http://blogs.dion.ne.jp/hibi/archives/8951672.html

アップル - 直営店 - Shinsaibashi
http://www.apple.com/jp/retail/shinsaibashi/

投稿者 mars : 12:42 | コメント (0)

2009年11月17日

PHOTON CRAFT社様の評価用のモデルを使ってみました

PHOTON CRAFT社様の評価用のモデルを使ってみました

FREE OBJECTSのページよりmodo用のファイルをダウンロードします。
ダウンロードしたファイル(ICFMODO.zip)を解凍して中を見るとASSETSフォルダがあります。
その中に3つのフォルダがありますので、modoのassetsフォルダにコピーするとプリセットライブラリから利用出来るようになります。

YouTubeに解凍後からmodoでレンダリングするまでの手順の簡単な動画をアップロードしましたのでご参考ください。

PHOTON CRAFT社様、モデルライブラリについてはこちらをご覧ください。

modo: 10 Free chair models for MODO preset
http://blog.mars-inc.net/modo/archives/2009/11/10_free_chair_m.html

投稿者 mars : 09:48 | コメント (0)

2009年11月16日

他の3DCGソフトウェアとmodoの操作方法の比較


最近「○○というソフトのこういう機能はmodoではどこにあるのですか」
という質問をよくご頂戴します。簡単にですがチュートリアルのページにShadeとmodoで対応する機能を説明したページをもうけました。ご参考になれば、幸いでございます。

Mars Inc.>チュートリアル>他の3DCGソフトウェアとmodoの操作方法の比較
http://www.mars-inc.net/tutorials/comparison/index.html

投稿者 mars : 17:57 | コメント (0)

2009年11月14日

Friday Update (11-13-2009) Training day

今週のFriday Updateでは、新しいチュートリアルビデオを紹介しています。先週、スプラッシュキットとサブディビジョンサーフェイスのチュートリアルが出たばかりですが、また新しいチュートリアルがアップされています。

一つはスプラッシュキットを開発したLuxologyのRyan Drue氏によるSubD Modeling quick tipsで、エピソード1から4まであります。こちらは、Luxology TVにフリーでアップされています。

もう一つは、スエーデンのAnders Lejczak氏による、UV Mappingのチュートリアルです。こちらは、ビデオではありませんが、UVマッピングの実践を詳しく解説し、サンプルのシーンファイルも提供してくれています。

また、先週お知らせしたホリデーイメージコンテストですが、優勝者にはATIのFireGLPro3750カードが贈られるようです。

その他のトピックスとしては、ソリッドワークスのファイル形式を入力するプラグインがもうすぐ更新されるそうです。現在、modo 401には、SolidWorks 2009のネイティブフォーマットを読み込むことが可能なプラグインが付属していますが(32ビット版のWindows版のみです)、このプラグインでは最新版のSolidWorks 2010の形式を読み込むことができません、現在Luxologyでは、SolidWorks 2010に対応したプラグインをテストしているそうなので、もうすぐリリースされるものと思われます。

ホリデーイメージコンテストに応募するには、LuxologyオープンフォーラムのWIP(Work In Progress)に、作品を投稿してください。その際、スレッドのタイトルに"holiday 2009"という言葉を入れてください。WIPの中で"holiday 2009"という文字がタイトルに含まれているスレッドの作品が自動的に応募対象作品になります。オープンフォーラムに参加するには、Luxology.comにアカウント(Marsのアカウントとは異なります)を作成する必要があります。アカウントの作成および製品の登録に関しては、こちらのFAQをご覧ください。

投稿者 mars : 19:04 | コメント (0)

2009年11月12日

学校訪問

本年度よりmodo 401を導入いただいている大分県立芸術文化短期大学を訪問しました。

教鞭を取られる美術科の鈴木慎一先生は、初期バージョンのmodo 101からご存知で、効率的モデラーを模索されていたとのことで、体験版をへての導入となっています。

講義は後期(10月)に開始されたばかりなので、今回は生徒さんの感想等を聞くことができませんでしたが、次回は作品と併せて紹介させていただきたいと思います。

画像は実習室と、研究室でmodoを操作される鈴木先生です。
鈴木先生には当ギャラリーにもご投稿いただきました!ご協力ありがとうございました。

投稿者 mars : 15:58 | コメント (0)

2009年11月09日

10 Free chair models for MODO preset

PHOTON CRAFT社から、椅子のモデリングライブラリ集InteriCraft 3D Object Libraryが発売されています。同社のサイトでは、評価用にコレクションの内から10種類のライブラリがフリーで配布されています。モデルデータは、Wavefront社の.OBJ形式に対応しているほか、modoのネイティブ形式であるLXO形式への変換作業を行っているそうです。

オープンフォーラムで、PHOTON CRAFT社のJonny Kim氏がこのコレクションについて説明しています。

投稿者 mars : 15:58 | コメント (0)

2009年11月08日

Splash Kit

今週は、Luxologyから2つの製品がリリースされました。

一つは、Andy Brown氏によるSubdivision Surface Modelingのチュートリアルビデオです。ロボットのようなメカニカルなモデルをサブディビジョンサーフェイスを使用してモデリングするテクニックが満載のチュートリアルビデオです。Luxologyのオンラインストアから、$35で販売されています。

subdivision_big_icon.jpg

もう一つは、LuxologyのRyan氏によるSplash Kitです。これは、単なるチュートリアルビデオではなく、水しぶきや水滴のレンダリング作品を作るためのプリセットとそれを使いこなすためのチュートリアルビデオからなる製品です。プリセットは、水しぶきや波紋のような形状のメッシュプリセット、液体を表現するマテリアルプリセット、効果的な背景を演出する環境プリセット、簡単なアニメーションを作るアセンブリプリセットなどから構成されており、水しぶきを使ったクールな作品がこのSplash Kitを使うと簡単に作ることができてしまいます。ポスターなどの仕事に直ぐに使えそうなキットです。こちらは、Luxologyのオンラインストアから、$69で販売されています。

また、今年もLuxologyでは、ホリデーイメージコンテストが開催されます。これからのホリデーシーズンにマッチした作品を募集しております。作品のエントリーは、LuxologyのオープンフォーラムのWIPフォーラムに"holiday 2009"という名称を含むスレッドを作成し、画像をアップしてください。締め切りは、12月15日までです。作品はmodo、DS PhotoView 360、 Bentley Systems MicroStationでレンダリングされていることが条件です。作品の制作過程で、ZBrushなど他のソフトウェアを組み合わせて制作されてもOKです。優勝した作品は、Luxologyのホリデーメーリングリストのトップ画像に使用されます。優勝者には、ATI FirePro 3750グラフィクスカードが贈られるそうです。下記は、昨年の優勝者Gelmiさんによる作品です。

投稿者 mars : 09:22 | コメント (0)