« 2006年12月 | メイン | 2007年02月 »

2007年01月25日

CG世界遺産

後藤 克典氏がCGを手がけた書籍「古代ギリシャと世界の7不思議」が発売されました。
modoによる多数の高品位3DCGが収められています。
後藤氏のホームページ

投稿者 mars : 16:31 | コメント (0)

Zで行こう!

日本のmodoユーザーの間では、既に有名になっているブログサイトにZで行こう!というサイトがあります。

http://blog.livedoor.jp/take_z_ultima/

modoに関するさまざまな解説や強力なスクリプトが、毎日のように更新されています。

UVのスクリプトだけでも、「近くのUVポイントにフィット」、「不連続UVマップを縫い戻すsewコマンドの拡張版 」、「テクスチャの歪みを緩和」、「ポリゴン単位でUVのコピー&ペースト」などなど強力なツールがたくさん公開されています。

有益なチップスと強力なスクリプトの公開、ありがとうございます!

投稿者 mars : 15:29 | コメント (0)

2007年01月22日

mag Sweep Profiles

Neil Hayes氏とmag (the modo ArchViz Group) による建築系モデリングに非常に強力なプロファイルとチュートリアルムービーが公開されました。これは、建築物のインテリア、エクステリアで作成するさまざまな溝、縁石、装飾などを自動的に作成するスクリプトとユーザーインターフェイスのコンフィグファイルからなります。目的に応じて寸法が記述されたプロファイル(断面)を選択し、作成ボタンを押すと選択した縁に装飾が施されます。PDFのドキュメントにプロファイルの完成サンプル図がカタログされていますので、このカタログを見ながらプロファイルを選択することができます。

magSweepPic.png

mag Sweepのチュートリアルムービー

mag Sweepのプロファイルのダウンロード

使い方の詳細は、上記プロファイルにPDFのドキュメントが載っていますが、簡単な使い方を解説いたします。


1、インストール

まず、コンフィグファイルとPerlスクリプトを自分の環境にインストールいたします。

MacOSの場合
全ての (.pl)ファイルと (.cfg)ファイルを次のフォルダにコピーします。
'user/Library/Application support/Luxology/Configs/'

Windowsの場合
(.pl)を次のフォルダにコピーします。
'C:\Documents and Settings\'username'\Application Data\Luxology\Scripts\'
(.cfg)を次のフォルダにコピーします。
'C:\Documents and Settings\'username'\Application Data\Luxology\Configs\'


2、mag_SweepProfileXZフォームをウィンドウに表示する

1でインストールしたmag_SweepProfileXZをウィンドウに表示する一例を下記のステップに示します。
(1)Layout > Windows > New Windowを選択してウィンドウを1つ作成します。
(2)右上の三角マークをクリックするとプルダウンメニューが表示されますので、ここから'Form View'を選択します。
(3)'Form View'のタイトルをRMBでクリックするとフォームのリストが表示されますので、ここからmag_SweepProfileXZを選択します。
(4)必要に応じてレイアウトを保存してください。

3、ツールの使い方
簡単なツールの使い方がPDFドキュメントのP37に載っています。

(ステップ1)基準となるポリゴンを選択します。
(ステップ2)ポイント選択モードに変更し、ポイントを順番に選択します。この時、最初と2番目に選択するポイントをステップ1で選択したポリゴンを構成するポイントから選択します。
(ステップ3)作成したいプロファイルを選択して、'create'ボタンを押します。

magSweep.png

投稿者 mars : 16:36 | コメント (0)

2007年01月21日

Texture Libraries

Luxology社のオンラインストアで、テクスチャライブラリ集が発売が開始されました。このライブラリは、3Dの仕事に直ぐに役立つようにカラー、バンプ、ディスプレースメントがセットになったシームレスなロイヤリティ・フリーのテクスチャ集です。ライブラリは、A($59)とB($59)、両方がセットのBundle($100)があります。




投稿者 mars : 10:39 | コメント (0)

2007年01月12日

User Event in San Francisco


1月10日にサンフランシスコのアップルストアで、modoのユーザーイベントが行われました。このイベントは、Luxology社設立5周年を記念するイベントでもあり、75-80人ぐらいの方が来場されました。イベントは、Luxology社の社長であるBrad Peebler氏をホストして進行され、modo 202の機能が披露されました。


また、最近受賞した下記の賞を紹介し、modoのコミュニティに感謝の意を表しております。

1. Apple Design Award – Best use of OSX Graphics
2. MacUser “Maxine” award for Best 3D Software
3. 5 star review in Game Developer magazine (Nov)
4. Game Developer Frontline Award for “Best Art Tool” 2006


modoのトレーニングマテリアルとして、Dan Ablan氏による3DGarage DVD courseware、Official modo guide bookに加えて、イギリスのAndy Brown氏による新しいトレーニングビデオを紹介しています。この新しいトレーニングビデオは、ルマンのC9レーシングカーのメイキングビデオで現在8つのパートがLuxologyのオンラインショップにて購入可能です。Rich Hurrey氏とGreg Leuenberger氏によるトレーニングプロジェクトも進行しているそうです。

http://www.luxology.com/store/training_materials.aspx


その他のニュースとしては、“3D Ready”テクスチャライブラリがLuxologyから販売されることをアナウンスしています。2Kサイズのシームレスの画像ライブラリで、3D制作に即使用可能なようにカラー、バンプ、ディスプレースメントが組になったテクスチャ集です。また、DXFファイルの入出力プラグインが近日中にmodoコミュニティからリリース(フリー)されるようです。

最後に時期バージョンのテクノロジープレビューとして、スカルプティング機能を披露いたしました。modoのスカルプティングは、ツールパイプ、セレクション、フォールオフ、プレビューレンダーなどmodoの環境に深く統合されています。スカルプティングのプレビューは以前にオープンフォーラムで公開されています。

modoTechPreview.mov

アップルストアでのイベントを記録したムービーが公開されています。

J10thAppleStore4.mov

投稿者 mars : 10:34 | コメント (0)