« 2004年10月 | メイン | 2004年12月 »

2004年11月29日

modo豆知識その11

こんにちわ。今日はActionCenterを簡単に説明します。

ActionCenterはツールの軸の設定です。
例えばMoveツールを選択すると通常このようにワールド座標のXYZに沿ってハンドルが表示されますが

ActionCenterの設定をLocalにするとこのようにポリゴンの法線を基準にハンドルが表示されます。
View image
数値入力もLocalから見た状態になります。

Local以外にも
Automatic
Selection
SelectionCenterAutoAxis
Element
Screen
Pivot
が用意されています。

ボクはLocal、Elementあたりが使い勝手が良いです。
ちなみにElementはクリックしたポイント、エッジ、ポリゴンのローカルを基準にしてくれます。

投稿者 jar : 21:24 | コメント (780) | トラックバック

2004年11月24日

modo豆知識その10

豆知識も10回をむかえました。
果たしてみなさんのお役に立っているのでしょうか?
というわけで今回はヒストリーです。

modoはヒストリーを残せます。
某写真屋さんと同じと考えて頂いて構いません。

一応デフォルトでは100回ですが、Preferencesの変更でメモリの続く限り設定可能です。
しかもこのヒストリーから作業を抜き出してスクリプト化することもできます。

投稿者 jar : 23:11 | コメント (568) | トラックバック

2004年11月20日

modo豆知識その9

More機能。

modoは選択機能が充実しているのですが、
例えば、1ポリゴン飛ばしで選択し、More機能を実行すると

このように 1ポリゴン飛ばしで選択し続けます。
間が2ポリゴン、 3ポリゴンだろうと同様に作用します。

もちろんポイント、エッジでも可能です。

投稿者 jar : 23:37 | コメント (798) | トラックバック

楽々マクロレコーディング

スクリプティングは便利そうだけどちょっと難しそうと思っている方に、マクロレコーディングをお勧めいたします。

1、System Menu > System > Recode Macro を選択する。
2、記録したい操作を行う。(例えば好きな大きさでプリミティブを作ってみてください)
3、System Menu > System > Recode Macro を再度選択してレコーディングを停止します。
4、System Menu > System > Save to File でマクロをファイルに保存します。

System Menu > System > Run Scriptで作成したマクロを実行したり、キーボードショートカットにマクロの実行を割り付けて使用することができます(マクロをC:\MyMacro.lxmとして保存した場合は、@C:\MyMacro.lxm をショートカットに登録できます)。

頻繁に使用する手順はマクロにしておくと便利ですのでお試しください。

投稿者 mars : 23:14 | コメント (2053) | トラックバック

2004年11月17日

modo豆知識その8

削除の使いわけ。

modoはBackspaceキーを使用した場合の削除とDeleteキーを使用した場合の削除が違います。

用途によって使い分けます。
とりあえずきれいさっぱり削除したい場合はDeleteキーを使用してください。
いざワイヤーフレーム表示にしたら、意図しないポイントがたくさんあるということになりかねないので。。。。

macのかたは下記をクリック

macでは
Backspace=Delete
Delete=Home、Endなどといっしょに並んでいるDelete or fn+Delete
になります。

ちなみに「Home、Endなどといっしょに並んでいるDelete 」の名称ってなんですか?
知っているかたのコメントを求めます。。。。

投稿者 jar : 23:40 | コメント (626) | トラックバック

2004年11月16日

スクリプティングの勧め

modo上でのツールの操作は、コマンドとして実行され、一連の操作をマクロとして実行することができます。また、更に複雑な操作はPerl言語を使用して記述することも可能です。

スクリプトを実行するには、Run Scriptコマンド(F6キー)を実行して、作成したスクリプトファイルを選択してみてください。

下記のようなmodoスクリプトのユーザーサイトもありますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

http://www.vertexmonkey.com/

投稿者 mars : 17:26 | コメント (633) | トラックバック

2004年11月15日

modo豆知識その7

エッジのはなし3。

ツール「Extend」でエッジから板ポリゴンが引き出せます。

このように。

投稿者 jar : 01:40 | コメント (778) | トラックバック

2004年11月14日

nVIDIA ForceWare 66.93

nVIDIAからWindows XP/2000用の新しいビデオボードドライバーが公開されています。このドライバーでは、modoでOpenGLのVertexArrayを使用すると動作が不安定になる問題が解決されています。

http://www.nvidia.com/object/winxp_2k_66.93

投稿者 mars : 14:10 | コメント (841) | トラックバック

2004年11月11日

modoの噂その1

modo初回注文分の出荷が無事に行われたらしい。

jarの調子が悪いので豆知識は一回休み。

投稿者 jar : 23:45 | コメント (808) | トラックバック

2004年11月10日

mars オンラインストアがオープン

ながらくお待たせしました。

mars のオンラインストアをついにオープンすることができた。Luxology 社スタッフをはじめ、これまでにご協力をいただいた大勢の方々に、この場を借りて心からの感謝の気持ちを伝えたいとおもう。本当にありがとうございます。

開店後わずか 10 分でさっそく最初の注文をいただき幸先のよいスタートを切ることができた。日本のクリエイター / デザイナーの modo に対する関心の高さをうかがわせる。わたしたちスタッフもさまざまな場面でそのことを日々体感するようになってきた。

こうしてみなさんのお手元に modo をお届けできる日がきたことを嬉しくおもうのだけれど、いまはまだ自分たちはスタート地点に立ったばかり。modo の魅力とその可能性をみなさんに伝えるために、これからよりいっそう励まなければ。

オンラインストアでの modo の購入について質問などがあれば、お問い合わせフォームまで気軽にポストしてください。

投稿者 mars : 12:09 | コメント (801) | トラックバック

2004年11月09日

modo豆知識その6

サブディビジョン・サーフェース

tabキーを押すとオブジェクトにサブディビジョン・サーフェースをかけることができ、
少ないポリゴン数で滑らかなオブジェクトを表現できます。

このサブディビジョン・サーフェースは5ポイント以上で形成されているポリゴンも含め、
すべての多角形ポリゴンに対して機能します。

それと画像では元のオブジェクトがわかる緑色のケージが表示されていますが、
表示しないようにすることもできます。
個人的には表示しないほうがモデリングを行い易いです。

投稿者 jar : 23:58 | コメント (849) | トラックバック

2004年11月07日

modo豆知識その5

エッジのはなし2。

ツール「SPin Edge」でエッジが回転します。

モデルが複雑になると意外と活躍します。

投稿者 jar : 23:53 | コメント (330) | トラックバック

2004年11月05日

modo豆知識その4

エッジのはなし。

modoはエッジが柔軟に扱えます。
ポリゴンのリダクションも

このようにエッジを削除することで簡単に行えます。

投稿者 jar : 00:35 | コメント (751) | トラックバック

2004年11月02日

modo豆知識その3

今回はベベルの紹介です。

modoのベベルは各編集モードによって作用が変化します。

とくにEdgesモードでのベベルは面取りにも効果を発揮します。

投稿者 jar : 23:33 | コメント (326) | トラックバック